MHPP MHPプロフィール Managing Human Performance Profile

This product is available in Japan only.

管理者は部下とともに仕事上の成果を上げ、目標を達成していかなければなりません。それと同時に部下の動機づけを高め、成長を促すことも管理者にとって重要な役目です。

部下を動機づけ、育成するために、管理者には次のような姿勢、取り組みが期待されます。
・管理者として部下の望ましい言動を維持・強化していくための指導をしている
・部下の習熟度に合わせた(部下一人ひとりに合った)指導をしている
・部下の職務遂行の結果をきちんと客観的に評価し、育成のためのフィードバックにつなげている、など

「MHPプロフィール」は、このような部下の成長を促す望ましい言動を管理者が行っているかどうかを客観的に測定する調査です。

調査の概要

「MHPプロフィール」では、管理者の日頃の活動について管理者本人に振り返ってもらうとともに、部下からその活動がどのように認識されているかを知るために、部下からの直接の評価も測定します。

育成マネジメントプロセス
MHPP
  • 目標設定: 部下との合意に基づいた目標設定を行っているか
  • 観  察: 日頃から部下の仕事ぶりを確実に把握しているか
  • コ ― チ: 部下の職務遂行能力を向上させるために、効果的な支援・指導を行っているか
  • 評  価: 期間評価時の対応は公平かつ公正で、納得できるものになっているか
  • 育  成: 部下の成長に向けての能力開発/育成計画に関する討議を効果的に行っているか

その他に、よりよいマネジメントのためのヒントとして、次のようなことも測定します

MHPP
  • コミュニケーションスキル 部下とよい関係が築けるようなコミュニケーションができているか
  • 認知や評価の傾向 本当に客観的な評価が行えているか 客観的な評価や判断のさまたげとなるような認知的な癖はないか
  • 部下の成長の実感と満足度 育成の原則は部下に実感されているか 部下は成長しているという充実感や満足感を抱いているか
期待される効果

◇管理者個人にとって
・育成マネジメントプロセス、コミュニケーションなどについて、自分の強い面、弱い面を把握することができる

◇組織にとって
・個々の管理者の強みや弱みを把握することができ、どのような教育、支援をしていけばよいかがわかる

◇その他
・MHPプロフィールは「MHPパフォーマンスマネジメント」コースと組み合わせて実施することが可能


コース前調査として実施:
コースへの参加を動機づけたり、学習効果を高めることができる

コース後調査として実施:
コースで修得した学習内容の浸透・定着を助けることができる

実施ステップ
MHPP
調査後のステップ
MHPP

より詳しくお知りになりたい方は、以下の項目にご記入いただき、送信してください。

* の必須項目は必ずご記入ください。


ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて
上記の個人情報の取り扱いに関する事項について確認の上、下記にチェックしてください。
同意する

個人情報保護方針 | ISMS 基本方針 | 免責事項