LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール: コーチング
Leading for Performance: Coaching for Performance

ライトハウス・コーチング モデル
ライトハウス・コーチング モデル

Download the PDF

パフォーマンスが高い組織では、成果そのものを向上させるということよりも、「パフォーマンスと充実感」を高めることにコーチングの主眼が置かれています。そのような環境にいるメンバーは、自分の仕事に積極的に取り組み、継続的にスキルを高める努力をし、成果を上げることに集中します。

「LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール」の「コーチング」モジュールでは、新任/中堅のマネジャーに必要とされる、部下を成功へと導く環境を作り出すためのコーチングの考え方とスキルを学びます。

期待される効果

効果的で構造化されたコーチングのアプローチを用いることで、組織に競争優位をもたらすことができます。また、メンバーの可能性が引き出され、「パフォーマンスと充実感」の向上にもつながります。

マネジャーは、コーチングの焦点を、成果を管理することからパフォーマンスを向上させる環境を作り出すことに転換することができます。

パフォーマンスを向上させるために

「コーチング」モジュールには、日々の業務を支援するためのツールとしてコーチング プランナーとスキルカードが用意されています。これらを使うことによって、参加者は新たに身につけた考え方やスキルを、実際の業務に当てはめることができるようになります。

学んだことを実践していくためには、参加者のマネジャーに早い段階から関与してもらい、参加者の成果向上に向けたコーチを行うようにすることも、学習を成功させる鍵となります。

主な学習項目
  • 期待を明確にする  :目標達成の質を向上させるために、期待を明確に表現できるようになります。
  • 言動と結果を観察する:メンバーを適切に観察できるようになります。
  • 考えを尋ねる    :メンバーに考えを話すよう促したり、適切に聴いたりできるようになります。
  • 行動計画を立てる  :メンバーとの間で前向きに合意することができるようになります。
  • サポートする    :成果を上げるための最適な環境を作ることができるようになります。

「LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール」の構成

「LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール」では、新任/中堅のマネジャーに必要とされるリーダーシップの基本的なスキルを修得するためのアプローチを提供します。LFPは以下のモジュールで構成されています。

  • 目標設定(Setting Goals for Success)
  • コーチング(Coaching for Performance)
  • 評価(Reviewing Performance)

これらのモジュールを組み合わせて実施することで、より優れたパフォーマンス マネジメントを実践するための考え方とスキルを身につけることができるでしょう。

アセスメント/調査

ウィルソン・ラーニングの「アセスメント/調査」は、過去30年以上に渡る研究と経験に基づき、組織や個人の現状と目標、問題の明確化や原因分析を適切且つ的確に行うため、さまざまな手法を開発して参りました。

学習効果を測定する方法をよりよく知るためには、「測定と評価サービス」のページをご覧ください。



ウィルソン・ラーニングの他のサービスと同様、これらの内容は、貴社を取り巻く状況やビジネス上の優先課題を反映する形でカスタマイズしたり、貴社のパフォーマンス マネジメントのプロセスに組み入れたりすることができます。
ウィルソン・ラーニングでは、貴社がさまざまなツールを通して望ましい変革を進め、組織戦略の推進力を持ち続けることを支援します。
こちらのソリューションもご覧ください
 Interviewing for Selection
 LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール: 目標設定
Leading for Performance: Setting Goals For Success
 LFP パフォーマンスリーダー基本モジュール: 評価
Leading for Performance: Reviewing Performance
 Managing Conflict
 Meeting Leadership Challenges

より詳しくお知りになりたい方は、以下の項目にご記入いただき、送信してください。

* の必須項目は必ずご記入ください。


ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて
上記の個人情報の取り扱いに関する事項について確認の上、下記にチェックしてください。
同意する

個人情報保護方針 | ISMS 基本方針 | 免責事項