INS 創造性開発・実践コース Innovation Styles

キーワード

◇ 新規ビジネスの立ち上げ
◇ 多角的な課題検討
◇ 企画、プラン策定会議の活性化
◇ イノベーション風土の醸成

プログラムの焦点:何を修得するか?

一般的に「ワクの中の狭い考え方」が多角的な課題検討・創造的な問題解決の妨げになるとよく言われます。では、その「ワク」はどのように形成されるのでしょうか?
ある人は夢のようなビジョンを描き、ある人は現在成功しているやり方を一つひとつ検討し、ある人は成功のためのキーとなる項目をすばやく見つけ出し、実践していこうとします。一方、既成の考え方や前提を一度否定するところから発想をスタートさせる人もいます。
このコースでは、それぞれが持っている考え方や発想法の強み・弱みを明らかにし、さまざまな発想法を実体験することで、自分のワクを広げ、他人の考え方や発想法を吸収・発展できるテクニックを習得します。
さらに、上記のような多角的な課題検討・創造的な問題解決のテクニックを応用し、個人およびチームで創造性を発揮し、効果的な問題解決を実践していくプロセスを学習します。

プログラムの方法論:どのように修得するか?

このコースでは、問題解決のアプローチとして4つのイノベーション スタイルを理解し、それぞれの特徴と強みをどのような問題に、どのように適用するのかを検討し、アイデア創出のテクニックを学習します。
ウィリアム・ミラー氏によれば“問題解決のための発想法・アイデア創出のアプローチには、4つのスタイルがあり、各人それぞれのスタイルをミックスして活用している”としています。 INS プログラムの方法論:どのように修得するか?

プログラムの構成
  • 標準開催期間:2日間
  • 形    態:20名以下の少人数によるセミナー
  • 教    材:ビデオ、テキスト、イノベーションスタイル調査
  • 参加対象者 :エンジニア(研究・開発・技術)、企画担当者、営業担当者、営業スタッフ
プログラムの展開

■ 学習項目と主な内容

  • 4つのイノベーション スタイル:4つのイノベーションスタイル「ビジョニング型」「改善型」「実験型」「探検型」について理解する。 自己のイノベーション スタイルを測定する(イノベーション スタイル調査)
  • イノベーション ツールの演習:具体的な課題に、それぞれのイノベーション ツールを適用することで、各スタイルの考え方や発想 法のプロセスを体験し、理解を深める
  • 創造的問題解決プロセス:さまざまな発想法のアプローチと問題解決全体のプロセスを関連づけることにより、組織とし てのイノベーションの重要性を理解し、実践に結びつける

■ 期待される効果

  • 質の高いアイデアを数多く考え出すことができる
  • 多角的に物事を見ることができる
  • 各イノベーションスタイルを理解することで、他の人の考え方や発想法をより深く正しく理解できる
  • 個人としてのみならず、チームとしての問題解決に対するアプローチにシナジー効果が期待できる

ウィルソン・ラーニングの「アセスメント/調査」は、過去30年以上に渡る研究と経験に基づき、組織や個人の現状と目標、問題の明確化や原因分析を適切且つ的確に行うため、さまざまな手法を開発して参りました。

学習効果を測定する方法をよりよく知るためには、「測定と評価サービス」のページをご覧ください。


ウィルソン・ラーニングの他のサービスと同様、これらの内容は、貴社を取り巻く状況やビジネス上の優先課題を反映する形でカスタマイズしたり、貴社のパフォーマンス マネジメントのプロセスに組み入れたりすることができます。
ウィルソン・ラーニングでは、貴社がさまざまなツールを通して望ましい変革を進め、組織戦略の推進力を持ち続けることを支援します。
こちらのソリューションもご覧ください
 BRV バーサタイル リーダー Building Relationship Versatility
 Working in Challenging Times™

より詳しくお知りになりたい方は、以下の項目にご記入いただき、送信してください。

* の必須項目は必ずご記入ください。


ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて
上記の個人情報の取り扱いに関する事項について確認の上、下記にチェックしてください。
同意する

個人情報保護方針 | ISMS 基本方針 | 免責事項