BRV バーサタイル リーダー Building Relationship Versatility

ソーシャル スタイル モデル
ソーシャル スタイル モデル

Download the PDF

~コンフォートゾーンを越えて、協働を推進する~

どの組織においても個人の違いによる多様性は潜んでいます。ウィルソン・ラーニングでは個人の違いを “ソーシャル スタイル”という理論で説いています。ソーシャル スタイル理論を理解することで、他者とのより効果的な連携、生産的な関係の構築、そしてパフォーマンスの向上につなげていくことが可能となります。相手の客観的な言動を手がかりに相手を正しく理解し、自身の言動を相手に合わせて対応していくことが、円滑なコミュニケーションや説得力の向上につながります。対応性を発揮することで、協働への意欲を高め、仕事全体の効率化を実現することができます。

バーサタイル リーダー(BRV)で扱うソーシャル スタイルは、4つのスタイルで構成されています。事前調査で、参加者は各々のスタイル、そして対人関係における対応性について知ることとなります。セミナーではスタイルを識別するポイントを学び、異なるスタイルの人たちとより円滑なコミュニケーションを図るために、言動を調整する方法を学びます。

プログラムのねらい

他者と仕事を円滑に進めていく上で必要かつ実用的な対応性について学習します。参加者はより生産的な人間関係の構築ができるようになり、衝突を避け、より結束力が高く生産性の高いチームを作り出すことが可能となります。対応性に重きをおき、パフォーマンスの向上を目指す本プログラムの受講を通して、管理者、担当者のどちらにおいても、より実践的なコミュニケーションをとる上で役立つスキルを身につけることができます。

モジュールと学習のポイント 受講後の効果
ビジネスと対応性
仕事での人間関係における対応性の重要度を学ぶ

他者との関係を円滑にする対応性を学ぶことで、ビジネスの円滑化や個人としての充実感につなげられることを理解する
スタイルの識別
多様な人々の言動をソーシャル スタイル理論を使って識別する方法を学び、スタイルが他者の言動に及ぼす影響を知る

他者のソーシャル スタイルを認識できるようになり、それぞれの居心地のよいやり方を考慮して、適切なアプローチができるようになる
期待の考察
仕事上で関わりのある異なるスタイルの人々の関心事や期待を考察し、分析できるようになる

それぞれのスタイルが期待していることや優先順位を知り、実践にどのように活用していくのか、そして自身の対応性が他者からどのように判断されているのかを知ることができる
言動の調整
異なるスタイルの人々への期待や価値観を踏まえ、自身の言動を相手に合わせて対応する方法を学ぶ

各スタイルの人に対して、それぞれに説得力のあるコミュニケーションがとれるようになる
緊張状態の対応
他者がストレス状態になった時に陥りやすいバックアップ行動(闘争・逃避)を理解し、各行動への対処方法を学ぶ

闘争・逃避のバックアップ行動に対して、対立を抑えて緊張を緩和し、真の問題を解決するためのコミュニケーションがとれるようになる
対応性マスターへの道
他者の関心事や期待に対応するための計画を立て、言葉の内容だけでなく声や態度などでも対応性をあらわし、より優れた対応性の発揮を目指す

よりよい関係性の構築とパフォーマンスの向上に向け、各スタイルの理解や自身の言動調整のスキルがさらに磨かれ、より実践的なものとなる
ラーニング・トランスファーに向けて

ウィルソン・ラーニングでは、学習した内容を日々の活動に活かすことが何よりも重要だと考えており、より実用性の高い内容とするために、このプログラムはラーニング・トランスファーというコンセプトに基づき構成されています。参加者の学習への動機づけ、学習内容の実践化、さらに組織への浸透促進のために、次のような取り組みを支援しています。

参加者本人とそのマネジャーの学習に対する態勢作りのために:

  • 事前学習(調査)、コミュニケーション促進など

ラーニング トランスファーを通して新たなスキルの利用と実践を支援するために:

  • 2日間の実践型集合セミナーなど

集合セミナーはウィルソン・ラーニングのインストラクター、あるいはウィルソン・ラーニングが認定したお客さま組織内のインストラクターが実施します。 なお、このプログラムは、モジュールごとに間隔をおいて開催することで、学習の間に実践の期間を設けることも可能です。

組織全体での実践と浸透を支援するために:

  • 参加者とマネジャー向けの事後学習支援ツール

これらの一連の取り組みを通して、職場に戻った後もスキルやツールを継続的に実践し続ける力が身につきます。

パフォーマンス向上のために

本プログラムではさまざまな実践ツールやスキル強化のための学習を支援するツール(スタイル識別のためのガイド、パフォーマンスチェックリスト、Webを通じた学習浸透支援)を取り入れています。これらのツールは参加者が新しく修得したスキルを磨き、現場での実践につなげていくことを目的としております。

学習の効果測定

このプログラムには、事後学習を支援するツールキットが付属しており、その中には学習効果の測定・評価をサポートするパフォーマンスチェックリストも付属しています。また、参加者やマネジャーへのインタビュー、もしくはソーシャル スタイル調査(対応性部分)を再度行うことで効果測定を行うことも可能です。調査は現状把握やトレーニングへの態勢を整える意味で行いますが、トレーニングを受け、現場で実践していった後に二度目の調査を行い、対応性にどのくらい変化が出たかを把握することにも活用可能です。

お客さまのパートナーであるために

ウィルソン・ラーニングは人材育成のパートナーとして、お客さまの育成現場の現状を理解し、プログラム受講後の行動変容、そして学びをお客さまのビジネス成果につなげるためのお手伝いをいたします。研修プログラムと融合した評価システムの立案・構築から、一人ひとりのパフォーマンスと充実感の向上のきっかけづくりをサポートいたします。

すべてのプログラムはお客さまの業界・市場の動向、ビジネス上の課題や育成方針などに応じてカスタマイズすることも可能です。

お気軽にご相談ください

こちらのソリューションもご覧ください
 Global Effectiveness
 Networking for Success
 PE 効果的なプレゼンテーション
(U.S. title: UPFRONT Persuasion Through Presentation)
 SS 顧客満足向上コース Signature Service
 Working in Challenging Times™
おひとりから参加できる定期公開オープンセミナーのご案内
  See current offerings for BRV バーサタイル リーダー Building Relationship Versatility

より詳しくお知りになりたい方は、以下の項目にご記入いただき、送信してください。

* の必須項目は必ずご記入ください。


ご提供いただく個人情報のお取り扱いについて
上記の個人情報の取り扱いに関する事項について確認の上、下記にチェックしてください。
同意する

個人情報保護方針 | ISMS 基本方針 | 免責事項