ウィルソン・ラーニングの特長

ラーニング・トランスファー

"Other companies have . . . offered a two-day training class. What you are offering is a nine-month culture transformation with measurable behavior change and a lot of ongoing support and reinforcement for participants and their managers."

— Director of Training and Development, Medical Equipment Company

学習した効果を行動ベースで最大化する

最良のワークショップとはどれだけ仕事に効果を与えられるかです。しかし、正しい準備と、効果が持続するようなフォローアップを行わないと、12か月後には、ラーニングで学んだスキルの35%しか活用されていないのが現状です。

ウィルソン・ラーニングは長年の経験と調査に基づき、独自の継続的学習方法を提供しています。学習者が必要とするスキルやツールを学び、獲得するための意欲を高め、学んだことを実践し、パフォーマンスの向上に結びつけています。

学習する準備

ラーニング・トランスファーが成功するかどうかは、学習者が学習できる態勢にあるかどうかにかかっています。ウィルソン・ラーニングのアプローチでは、ラーニングに先駆けた事前の課題や、学習意欲を刺激する情報、「スターター・キット」と呼ばれるツールを提供して、ラーニングに参加する以前に、学習意欲を高めさせています。

スキルと知識の習得

「わかった。だけどどう使えばいいの?」。学んだことを実際の現場で適用し、効果を上げていくには継続的な学習が欠かせません。

ウィルソン・ラーニングのインストラクショナル・デザインでは、実際の仕事に即した新しいコンセプトや、モデル、スキル、ツールなどを通じて、様々な体験ができるようになっています。たとえば、参加者は、事実に基づいたケーススタディを使って練習したり、自社の情報を使って戦略や計画を立案したり、実際の仕事に応じたアクションプランを作ったりします。こうしたハードな学習を体験することで、ラーニングそのものはパフォーマンスを改善するための、ひとつのステップにすぎなくなります。

結果を出すための組織的な連携

パフォーマンスを本当に変えるための最大の障害は、現状への惰性、つまり「今までやってきたことをやればいい」という考え方です。積極的な支援を提供しようという、誠意ある、組織的な連携がなければ、「使わなければ、だめになる」といった考え方は消えていきます。

ということは、忙しい管理職にコミットさせ、求められる行動を認識させ、強化するための効果的なコーチングをさせるといったことが、いかに難しいかを示しています。彼らはプログラムの内容をよく理解するための時間がないかもしれません。コーチングの役割ができるとは思っていないかもしれません。

適用し活用し継続性を確かなものにするウィルソン・ラーニングならではのアプローチに基づき、私たちは、管理職のために適切なサポート・ツールを提供しています。管理職の方々に部下が何を学んで、何を行っているかが、わかるようにし、部下がパフォーマンスを向上させ、学習したことを活用できるようにするためのコーチングができるよう、ヒントになるツールを提供しています。