ウィルソン・ラーニングの特長

効果測定と評価

あなたの物差しで、専門家が、ラーニング効果を測定します

ラーニングが費用に見合う効果をあげているか、どうやって判断していますか?多くのお客さまが、ラーニングの効果を事前に判断したり、事後に測定したりする時間やツールを持ち合わせていないとはなされます。

ウィルソン・ラーニングには、どの分野でラーニングを実施したらもっとも成果が得られるかや、社員のみなさまが何を習得し、どれだけの成果をパフォーマンスに出せるかを知るための、信頼のおけるデータがあります。

成果を確認するための効果測定

ウィルソン・ラーニングの測定技術は、貴社の育成施策がビジネスにどれだけ効果をもたらしたかを証明するのに必要な情報を提供できます。

たとえば:
  • ラーニングを実施した後の調査では、ビジネス・パフォーマンスのなかで、行動がどう変わったかを測ります。
  • 営業担当者向けには、ケーススタディの手法を用いて、行動の変化が、営業の成果につながったか否かをレビューします。
  • ビジネス指標分析は、売上や売上予算、営業の生産性など、お客さまが各社で設定した指標に沿って調査を実施、そのデータをもとに分析します。

こうした効果測定も、お客さま固有のビジネス環境や課題に応じてカスタマイズします。